FXの相場分析レポートを毎日更新中!今日の売買方針を今すぐチェック!

FXのデイトレードにおすすめの会社は?選び方をプロが解説!

FXデイトレードを始めるのに、どんな基準で会社を選べばいい?

口座開設におすすめの会社はどこ?

FXデイトレードを始めるなら、まずはFX会社で口座開設が必要です。

ですが、どんな基準で選べばいいのか分からない方が多いのではないでしょうか?

仮によく調べずに口座開設すると、デイトレードに不向きな会社で後悔するかもしれません。

そんな失敗をしないためにも、FXデイトレードの会社の選び方やおすすめの会社を知ってから選びたいところです。

この記事でわかること
  • FXデイトレードに向いている会社の選び方
  • FXデイトレードの口座開設におすすめの会社

この記事を読めば、FXデイトレードに向いている会社の選び方を理解した上で、おすすめの会社を選ぶことができます。

FXデイトレードで口座開設する前に、会社選びの参考にしましょう。

目次

FXデイトレードに向いている会社選びのポイントは5つ

FXデイトレードに向いている会社選びのポイントは、5つあります。

FXデイトレードの会社選びのポイント
  1. 通貨ペア数の多さ
  2. 手数料の安さ
  3. スプレッドの狭さ
  4. 取引プラットフォームの使いやすさ
  5. 約定力の高さ

全て当てはまる必要はありませんが、当てはまる数が多い方がデイトレードに向いている会社と言えるので、参考にしてください。

会社選び1.通貨ペア数の多さ

FXデイトレードの会社選びのポイント1つ目は「通貨ペア数の多さ」です。

通貨ペア数の取り扱いが多ければ、それだけエントリーチャンスが増加します。

というのも、デイトレードは1日の限られた時間の中でエントリーチャンスを窺うため、取り扱いが多ければチェックできる通貨ペアが増え、エントリー回数も増やせるからです。

もしトレードしたい通貨ペアが無ければ、それだけエントリーチャンスを逃すこととなり、効率良くトレードができません。

そんな事態を防ぐためにも通貨ペア数の多さは重要なので、できるだけ取扱数が多い会社を選んでおきましょう。

会社選び2.手数料の安さ

FXデイトレードの会社選びのポイント2つ目は「手数料の安さ」です。

FX会社には、下記の手数料が存在します。

FX会社の手数料
  • 口座開設手数料
  • 口座維持手数料
  • 入金手数料
  • 出金手数料
  • 取引手数料
  • ロスカット手数料

口座開設手数料とは、口座開設時に発生する手数料のことです。
国内FX会社ならほとんどが無料ですが、全てが無料ではありませんので、念のためチェックしておきましょう。

口座維持手数料とは、口座を保有して一定期間が経過するごとに発生する手数料のことです。
例えばIG証券では、6カ月以上取引が無い状態が続けば「口座管理手数料」として月額550円(税込)が発生します。

口座の維持に費用はかかりますか?

【口座管理手数料と発生する条件について】
すべての口座において、6ヵ月以上ポジションがなく、お取引もされていない状態で、
口座に証拠金をお預けいただいている場合、口座管理手数料(月550円税込)が発生いたします。

出典:IG証券

入金手数料や出金手数料とは、登録している金融機関の口座からFX口座へ資金を入出金する際に発生する手数料のことです。
基本的に無料としているところが多いですが、会社によっては入出金時に振込手数料が別途発生するところもあるので、注意しましょう。

取引手数料は、注文を出した時に発生する手数料のことです。
国内FX会社なら、ほとんどの会社では無料としています。
その代わりスプレッド(買値と売値の差額)はどこの会社でも発生するので、いくらなのか把握しておきましょう。

ロスカット手数料とは、ロスカット発生時に生じる手数料のことです。
ロスカットとは、口座資金以上の損失が発生しないように強制的に損切りを行うシステムのことです。
例えばGMOクリック証券(FXネオ)では、ロスカット発生時に「ロスカット手数料」として税込500円が発生します。

自動ロスカット時には、1万通貨単位あたり税込500円(但し、南アフリカランド/円とメキシコペソ/円は、10万通貨単位あたり税込500円)が「ロスカット手数料」としてお客様負担となります。あらかじめご了承ください。

出典:GMOクリック証券(FXネオ)

よってここまで紹介した手数料は、会社によっては全て無料なところもあります。

口座開設を考えている会社がどのような手数料を徴収するか、前もって確認しておきましょう。

会社選び3.スプレッドの狭さ

FXデイトレードの会社選びのポイント3つ目は「スプレッドの狭さ」です。

スプレッドはエントリーするたびに発生します。

そのため1回1回が小さくてもデイトレードのように毎日エントリーするトレードスタイルでは、長期で大きなコストとなります。

コストをできるだけ削減したいなら、スプレッドが狭い会社を選びましょう。

会社選び4.取引プラットフォームの使いやすさ

FXデイトレードの会社選びのポイント4つ目は「取引プラットフォームの使いやすさ」です。

国内のほとんどのFX会社では、独自プラットフォームを提供しているところが多いです。

しかしプラットフォームによって、チャート分析に使えるテクニカル指標や描画ツールが少なかったり、人によっては画面が見えづらかったりなどの欠点があります。

もし取引プラットフォームが使いにくいと、取引自体にストレスを感じてしまいます。

そこでおすすめなのが、MT4やMT5です。

MT4やMT5とは、メタクオーツ・ソフトウェア社が開発した取引プラットフォームのことです。

テクニカル指標や描画ツールなどの合計数は50以上にのぼり、その操作性の良さや機能性の高さから世界中のFXトレーダーが愛用しています。

したがって取引プラットフォームの使いやすさを求めるなら、できるだけMT4やMT5を提供している会社を選ぶようにしましょう。

会社選び5.約定力の高さ

FXデイトレードの会社選びのポイント5つ目は「約定力の高さ」です。

約定力は、具体的に下記の2つがあります。

約定力詳細
約定スピード注文を出して実際に約定するまでの時間
スリッページ許容幅スリッページ発生時に、どの値まで許容して約定するかの範囲
約定力の詳細
スリッページとは?

注文レートと約定レートの差のこと。
マーケットは常に変動しているため、注文を出してからサーバーを通じて実際に確定するまでのタイムラグが原因で発生する。

約定力が低ければ好きなタイミングで売買できないため、想定外の価格で約定する原因となります。

デイトレードは1日の中で売買を完結させるトレードスタイルなので、約定力が低い会社では1日で売買が終わらないこともあります。

つまり約定力が低いFX会社はデイトレードに不向きなので、会社選びの段階から注意しておきたいポイントなのです。

例えば1ドル120円の時に成行注文で買おうとした場合、約定力が高い会社ならほぼこの通りの値段で買うことができます。
しかし約定力が低い会社では、120.5円や121円など、想定よりも不利な値段で買ってしまうことがあります。

そんな事態を避けるなら、FX会社によっては約定力を公開しているところもあるので、約定力の高さに注目して会社を選びましょう。

FXデイトレードの口座開設におすすめの会社は5つ

FXデイトレードの口座開設におすすめの会社は5つあります。

FXデイトレードの口座開設におすすめの会社
  1. AVATRADE
  2. SBI FXトレード
  3. マネックス証券
  4. 楽天証券
  5. ヒロセ通商

基本的にどの会社も「取引手数料」や「口座開設手数料」などの手数料は無料なので、それ以外のポイントで比較して検討しましょう。

おすすめ会社1.AVATRADE

出典:AVATRADE

FXデイトレードの口座開設におすすめの会社の1つ目は「AVATRADE」です。

特徴詳細
レバレッジ最大25倍
口座コース・プレミアムコース
・プロフェッショナルコース
・エキスパートコース
取引プラットフォーム・AvaWebTrader
・AvaTradeGO
・MT4(エキスパートコース)
・MT5(プレミアムコース、プロフェッショナルコース)
通貨ペア数55ペア
取引手数料無料
口座開設手数料無料
口座維持手数料無料
入金手数料クイック入金:無料
銀行振込:振込手数料は自己負担
出金手数料無料
ロスカット手数料無料
スプレッド・プレミアムコース(0.3銭~)
・プロフェッショナルコース(0.4銭~)
・エキスパートコース(1.0銭~)
チャート分析機能・テクニカル指標:30種類以上
・描画ツール:20種類以上
約定力・約定スピード:記載なし
・スリッページ許容幅:設定可能
最低取引単位1,000通貨
デモ口座あり
初回最低入金額クイック入金のみ1万円以上
ロスカット水準100%
両建て可能
AVATRADEの特徴

AVATRADEは通貨ペア数が多いので、それだけエントリーチャンスが多くなります。

FX会社通貨ペア数
AVATRADE55ペア
ヒロセ通商51ペア
SBI FXトレード34ペア
楽天証券28ペア
マネックス証券16ペア
通貨ペア数の比較

デイトレードは毎日エントリーできることが理想なので、エントリー回数に直結する通貨ペア数の多さは重要です。
そのため、AVATRADEはデイトレード向きと言えます。

またAVATRADEはA-book業者でありながら、国内FX会社が主に採用しているDD方式と同等レベルのスプレッドを実現しています。

A-book業者とは?

「A-book」とは、NDD方式を採用しているFX業者のこと。
NDD方式を利用した良質なFX業者として、説明に使われることが多い。

FX会社スプレッド
AVATRADE0.3銭~
※プレミアムコース
SBI FXトレード0.09銭~
マネックス証券0.2銭~
楽天証券0.2銭~
ヒロセ通商0.2銭~
スプレッドの比較

さらに取引プラットフォームとして、多機能でかつ世界中で人気のあるMT4やMT5を提供しています。
MT4やMT5は50以上のテクニカル指標や描画ツールが使えるので、デイトレードで多角的に相場分析したい場合に最適です。

ただしロスカット水準は100%と、他社と比較して高めなので、ポジション保有中にロスカットされやすい点には注意しましょう。

FX会社ロスカット水準
AVATRADE100%
ヒロセ通商100%
マネックス証券50%
SBI FXトレード50%
楽天証券20%
ロスカット水準の比較

おすすめ会社2.SBI FXトレード

出典:SBI FXトレード

FXデイトレードの口座開設におすすめの会社の2つ目は「SBI FXトレード」です。

特徴詳細
レバレッジ最大25倍
口座コース
取引プラットフォーム・PC版取引ソフト「Rich Client Next」
・WEB版取引サイト「WEB NEXT」
・スマートフォン版取引アプリ
通貨ペア数34ペア
取引手数料無料
口座開設手数料無料
口座維持手数料無料
入金手数料・クイック入金:1,000円以上で無料
・自動入金サービス:1万円以上で無料
・通常入金:振込手数料は自己負担
出金手数料無料
ロスカット手数料無料
スプレッド0.09銭~
チャート分析機能・テクニカル指標:29種類
・描画ツール:21種類
約定力・約定スピード:記載なし
・スリッページ許容幅:記載なし
最低取引単位1通貨
デモ口座なし
初回最低入金額クイック入金のみ1,000円以上
ロスカット水準50%
両建て可能
SBI FXトレードの特徴

SBI FXトレードのスプレッドは、今回紹介する会社の中でスプレッドが「0.09銭~」と一番狭いです。

FX会社スプレッド
SBI FXトレード0.09銭~
マネックス証券0.2銭~
楽天証券0.2銭~
ヒロセ通商0.2銭~
AVATRADE0.3銭~
※プレミアムコース
スプレッドの比較

そのため、取引回数が比較的多くなりやすいデイトレードでは有利と言えます。

また「最低取引単位」が「1通貨」と、こちらも一番小さいです。

FX会社最低取引単位
SBI FXトレード1通貨
マネックス証券1,000通貨
楽天証券1,000通貨
ヒロセ通商1,000通貨
AVATRADE1,000通貨
最低取引単位の比較

ドル円でなら140円あれば取引できるので、資金が少ない方でも気軽にトレードできます。

ただし注意点として、SBI FXトレードには「デモ口座」がありません。

もしデモ口座から始めたいと考えているなら、デモ口座がある会社を選ぶようにしましょう。

FX会社デモ口座
SBI FXトレードなし
AVATRADEあり
マネックス証券なし
楽天証券あり
ヒロセ通商あり
デモ口座の有無

おすすめ会社3.マネックス証券

出典:マネックス証券

FXデイトレードの口座開設におすすめの会社の3つ目は「マネックス証券」です。

特徴詳細
レバレッジ最大25倍
※一部通貨ペアは12.5倍
口座コース
取引プラットフォーム・MonexTraderFX
・MonexTraderFX スマートフォン
・ウェブブラウザー
通貨ペア数16ペア
取引手数料無料
口座開設手数料無料
口座維持手数料無料
入金手数料・即時入金サービス:無料
・定期自動入金サービス:無料
・銀行入金:振込手数料は自己負担
・外貨入金:振込手数料は自己負担
出金手数料・指定金融機関への出金:無料
・即時出金サービス:1回につき330円(税込)
ロスカット手数料
スプレッド0.2銭~
チャート分析機能・テクニカル指標:29種類
・描画ツール:19種類
約定力・約定スピード:記載なし
・スリッページ許容幅:設定可能
最低取引単位1,000通貨
デモ口座なし
初回最低入金額
ロスカット水準50%
両建て可能
マネックス証券の特徴

マネックス証券の取引プラットフォームは「MonexTraderFX」で、見やすい画面構成と操作性を追求したものとなっています。

そのためデイトレードで毎日触る取引プラットフォームで見やすさや使いやすさを重視するなら、マネックス証券がおすすめです。

ただしマネックス証券は、他社よりも通貨ペア数が少ない傾向があります。

FX会社通貨ペア数
マネックス証券16ペア
楽天証券28ペア
SBI FXトレード34ペア
ヒロセ通商51ペア
AVATRADE55ペア
通貨ペア数の比較

通貨ペア数が少ないとそれだけエントリーチャンスも少なくなるので、注意しましょう。

おすすめ会社4.楽天証券

出典:楽天証券

FXデイトレードの口座開設におすすめの会社の4つ目は「楽天証券」です。

特徴詳細
レバレッジ最大25倍
口座コース
取引プラットフォーム・マーケットスピードFX
・楽天FX-WEB
・iSPEED FX(スマートフォン向けアプリ)
・MT4
通貨ペア数28ペア
取引手数料なし
口座開設手数料なし
口座維持手数料なし
入金手数料・FXリアルタイム入金:無料
・銀行振込:振込手数料は自己負担
・外貨送金:無料
出金手数料・通常出金:無料
・外貨出金:25USD
ロスカット手数料なし
スプレッド0.2銭~
チャート分析機能・テクニカル指標:40種類
・描画ツール:14種類
約定力・約定スピード:記載なし
・スリッページ許容幅:設定可能
最低取引単位1,000通貨
デモ口座あり
初回最低入金額
ロスカット水準20%
※レバレッジによって変動
両建て可能
楽天証券の特徴

楽天証券では国内FX会社では珍しく、MT4が使えます。

MT4はテクニカル指標や描画ツールなどの合計数が50以上にのぼり、その機能性の高さや操作性の良さから世界中のFXトレーダーに愛用されています。

FX会社が独自提供する取引プラットフォームも良いのですが、MT4の方が機能は豊富です。

デイトレードは毎日相場分析をするので、テクニカル指標や描画ツールが多い方が分析はしやすいと言えます。

また他社と比較してロスカット水準も20%と低いので、ポジション保有中にロスカットされにくいです。

FX会社ロスカット水準
楽天証券20%
マネックス証券50%
SBI FXトレード50%
ヒロセ通商100%
AVATRADE100%
ロスカット水準の比較

ただし、ロスカット水準はレバレッジの値に比例します。

レバレッジ設定ロスカット水準
25倍50%
10倍40%
5倍20%
2倍20%
1倍20%
楽天証券のレバレッジとロスカット

レバレッジを高く設定し過ぎるとロスカット水準も高くなりロスカットされやすくなるので、注意しましょう。

おすすめ会社5.ヒロセ通商

出典:ヒロセ通商

FXデイトレードの口座開設におすすめの会社の5つ目は「ヒロセ通商」です。

特徴詳細
レバレッジ最大25倍
口座コース
取引プラットフォーム・C2
・.NET4
・Mac専用
・LION Web
・HTML5版
・LION Basi
・LIONチャートPlus+
通貨ペア数51ペア
取引手数料なし
口座開設手数料
口座維持手数料
入金手数料・銀行振込:振込手数料は自己負担
・クイック入金:1万円以上で無料※
※PayPay・みずほ・三井住友銀行では有料
出金手数料・リアルタイム出金:無料
・通常出金:無料
ロスカット手数料なし
スプレッド0.2銭~
チャート分析機能・テクニカル指標:30種類
・描画ツール:8種類
約定力・約定スピード:0.001秒
・スリッページ許容幅:設定可能
最低取引単位1,000通貨
デモ口座あり
初回最低入金額
ロスカット100%
両建て可能
ヒロセ通商の特徴

ヒロセ通商は約定力の一つである約定スピードを「0.001秒」と公開しており、公開していない他社が多い中で信頼できます。

約定スピードが遅いと、タイムラグによって思い通りの価格で約定できない原因となるので、デイトレードでは致命的です。

そのため約定スピードを公開しているヒロセ通商は、約定力に優れている会社と言えます。

ただしロスカット水準は100%と他社よりも高めなので、ポジション保有中にロスカットされやすいというデメリットがあります。

FX会社ロスカット水準
ヒロセ通商100%
AVATRADE100%
マネックス証券50%
SBI FXトレード50%
楽天証券20%
ロスカット水準の比較

まとめ:AVATRADEはA-book業者でありMT4やMT5が使えるので、デイトレードにおすすめ

ここまでFXデイトレードの会社選びのポイントや、おすすめのFX会社をご紹介しました。

本記事をまとめると
  • 通貨ペア数が多い会社を選べば、それだけトレードチャンスが増える
  • FX会社では「口座開設手数料」や「入出金手数料」が有料な場合があるため、確認しておく
  • スプレッドが狭いFX会社なら、コストを削減できる
  • MT4やMT5が使えるかチェックしておく
  • 約定力が高くなければ好きなタイミングで約定できないので、チェックしておく
  • FXデイトレードでおすすめの会社は「AVATRADE」

AVATRADEはA-bookでありながらスプレッドが狭く、さらに国内FX会社では珍しくMT4やMT5が使えるので、デイトレードにおすすめです。

MT4やMT5は、テクニカル指標や描画ツール数が合計で50以上あります。
他社の独自プラットフォームでもここまで数を揃えている会社は稀なので、細かくチャート分析したいならおすすめです。

また通貨ペア数は「55」と多く、プレミアムコースならスプレッドを「0.3銭~」に抑えることができます。

もしFXデイトレードでどの会社にしようか探しているなら、AVATRADEを選んでおきましょう。

取引に役立つ情報をあなたの元に
WikiFXアプリはこちらから

アプリ画面
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

WikiFXでは、テクニカル分析のやり方から、FX会社の安全性に関する情報まで『今日から役立つFXの情報』を幅広く発信しています。
そして私たちは、FX会社アフィリエイトを一切していません。
だからこそ、正しく・信頼性の高い情報を読者の皆様にお届けする自信があります。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次