FXの相場分析レポートを毎日更新中!今日の売買方針を今すぐチェック!

IMアカデミーを辞めたいという声続出?評判をプロが調査!

IMアカデミーを辞めたい!

IMアカデミーは怪しい!

IMアカデミーを辞めたいという声や怪しいという声はネット上に多いです。

IMアカデミーの会員は巧妙にネット上の発言は嘘であると言うことが多いですが、MLMによって自分たちのグループの人数が減らないために発言していると考えて良いでしょう。

この記事で分かること
  • IMアカデミーの違法性
  • IMアカデミーは効果があるかどうか
  • IMアカデミーについての相談の口コミと解説
  • IMアカデミーの休会方法
  • IMアカデミーの退会方法

IMアカデミーのコンテンツ内容の良し悪しというよりも、MLMそのものにそもそも問題があります。

日本におけるIMアカデミー自体の営業に関しても、きわめて違法性が高いと言えます。

IMアカデミーの怪しさや実態、評判についてプロが解説し、休会方法と退会方法についても解説していきます。

さっそくIMアカデミーの退会方法について知りたい人は「IMアカデミーの退会方法」から読み進めてください。

目次

IMアカデミーは怪しい?

IMアカデミーは怪しいという噂はネット上に多いです。

IMアカデミーはFXのオンラインスクールで、FXのことを知らない人からすればそれだけで怪しいのですが、加えてMLMまで扱っています。

どちらかと言えばMLMの方がメインなのではないか?という疑いもあり、IMアカデミーは怪しさ満点です。

以下の項目で更に詳しく解説していきます。

IMアカデミーの怪しさについて
  • 違法の疑いがある
  • 入会金と月額費が高い
  • 人間関係が壊れる
  • 知恵袋にもIMアカデミーに対する疑惑が多数投稿

違法の疑いがある

IMアカデミーは、リアルタイムで講師がエントリーポイントを指導するというコンテンツ内容となっておりますが、IMアカデミーは日本の金融庁に未登録であり、「投資助言業」の資格を持っておりません。

「投資助言業」の資格なしに、有料でリアルタイムでエントリーポイントを指導することは金融商品取引法で禁止されています。

またIMアカデミーは過去にヨーロッパでも法律違反で警告も受けています。

IMアカデミーが違法行為を行っていた場合、「法がどこまで適用されるのか?」についてなのですが、IMアカデミーにMLMの会員として参加している利用者も場合によっては罰則を科せられるので注意が必要です。

MLM自体の違法性も高いです。

例えば、「絶対稼げる」とか「月にこのくらい稼げる」などと言ってMLMの勧誘を行うことは法律によって禁じられていますし、MLMの営業であることを明かさずに顧客に会うことも禁じられています。

契約するまで帰さないという言動を行った場合は監禁罪に当たります。

MLMに関わることで、知らぬ間に違法行為に加担してしまうケースがありますので、十分に注意が必要です。

入会金と月額費が高い

IMアカデミーの入会金は約3万円、月会費は約2万3千円で合計5万円を超えます。

「FXの情報商材としては安い方だ」と思う人もいるかもしれませんが、そもそもFXに有料商材が必要でしょうか?

必要がないということは、FXの理屈を考えればすぐわかります。

FXは、数のゲームです。

買いと売りのどちらが人と資金を集められるのか?といったゲームなので、誰も知らない秘密の手法など存在しません。

万人が知る明快な手法を熟知するということが、FXの勉強になるので、有料のスクールに入る必要はないのです。

なぜなら、FXの基礎知識や手法は無料で公開されているからです。

例えば、利用しているFX業者のセミナーで学んでも十分にFXの知識は身につきます。

WikiFXでも、FXの手法について解説しているのでもしよかったら下記の記事を参考にしてください。

上記の記事は一例でWikiFXには、勝ちに繋がる手法をいくつも紹介しています。

FXのオンラインスクールそのものに対する疑問

IMアカデミーの場合は手法の情報商材というよりは、コミュニティなのだから仲間を励ましあう意味があると主張するトレーダーもおりますが、FXで勝つために必要なことは、「仮説」を立て「実験」を行い「検証」するということだけです。

ぶれない指針が必要なわけで、コミュニティがぶれない指針やメンタルにとって好影響なのか?については疑問が生じます。

例えば、自分がうまく行かないときに他の人の手法でがうまくいっていた場合乗り換えようと心が揺るぎませんか?

乗り換えて勝率が上がったとしても、「仮説」を立て「実験」を行い「検証」を行うという過程を経てないと、自信を持ったルールの厳守が行えないので、メンタルが安定せず、いつまでも安定して勝てないということにもなりかねません。

結局のところFXで勝つためには、ある程度は孤独である必要があるのです。

人間関係が壊れる

IMアカデミーというよりもMLMに関する問題点ですが、MLMはよく「友情を金に換える仕事」だと言われます。

IMアカデミーは実態のある投資のスクールではあり、実態のない詐欺商材ではありませんが、紹介される方は、金に換えるために自分が売られたという感情を抱く人も多いです。

MLMを行って人間関係が壊れてしまったという人の例は多いので、もし心当たりがあると思った人がいたら、IMアカデミーの休会や退会を検討しても良いでしょう。

知恵袋にもIMアカデミーに対する疑惑が多数投稿

YAHOO!知恵袋にもIMアカデミーに対する疑惑の投稿が多数行われています。

以下、質問の例を紹介していきます。

IMアカデミーはコミュニティとしての色合いもかなり濃く、IMアカデミーのメンバー同士の交流やイベントなども頻繁に行っているようです。

MLMの自分のグループを成長させようとして、勝ち組の雰囲気に引き込むといったことも良く行われているようです。

なので回答者の友人のように、途端にSNSが派手になったり派手な人との交流が増えます。

IMアカデミー自体に問題がないとしても、こういったMLMによる過剰な会員集めには違法性の可能性が高いです。

次の例も少し長めですが、MLMの勧誘に関する例となります。

要約すると、ビジネスをやるためにIMアカデミーに入会しろと言われて、入会させられ、頻繁に連絡を取られるようになったという例となります。

上記の例などはかなり違法性が強い例となりますが、MLMにおいてこういった例は日常茶飯事です。

違法行為に巻き込まれたくないという人は、IMアカデミーに関わるのはやめた方が良いでしょう。

もしも、仲間を作りたいのならば、SNS上で行うか、MLMを行っていないオンラインサロンやスクールに参加しましょう。

IMアカデミーの休会方法

IMアカデミーの休会方法を以下の項目から解説していきます。

IMアカデミーの休会方法
  • 休会手順
  • 休会期限

休会手順

IMアカデミーの休会手順は以下の通りです。

【手順1】メインページにログインし「Payment info」をクリックします。

【手順2】「Delete Credit card」をクリックし、カード情報を削除します。

以上で休会手続きは完了です。

休会期限

休会期限は3ヶ月です。

3か月以上たつと退会となります。

IMアカデミーの退会方法

IMアカデミーの退会方法について以下の項目から解説していきます。

IMアカデミーの退会方法
  • 退会手順
  • クーリングオフについて
  • 退会に関する注意事項

退会手順

IMアカデミーの退会手順は以下の通りです。

【手順1】メインページにログインし「Paymento info」をクリックします。

【手順2】「Cancel Subscription」をクリックします。

以上で退会手続きは完了です。

クーリングオフについて

IMアカデミーでクーリングオフ制度を利用したい場合は、20日以内に退会しましょう。

20日以内であれば、IMアカデミーのクーリングオフは有効です。

クーリングオフを行えば、入会金は返金されます。

退会に関する注意事項

退会したアカウントは2度と復旧できないので注意してください。

IMアカデミーから退会し違法性を遠ざけよう

「IMアカデミーを辞めたい!」「IMアカデミーは怪しい?」ご要望や疑問にお応えすべく、前半にIMアカデミーについての詳細と後半にIMアカデミーの休会方法と退会方法について解説してきました。

この記事のまとめ
  • IMアカデミーの違法性
  • IMアカデミーは効果があるかどうか
  • IMアカデミーについての相談の口コミと解説
  • IMアカデミーの休会方法
  • IMアカデミーの退会方法

MLMは日本において合法とされており、MLM自体が違法なわけではありません。

しかし、MLMが違法性の強い行動を生むことは間違いがないことです。

IMアカデミーのスクールで学ぶだけであっても、何らかの形でMLMの影響を受けないとも限らないので、違法性から遠ざかりたい場合は、IMアカデミーから退会してしまうのが一番良い方法です。

WikiFXとしても、IMアカデミーは国内の金融庁の許可を得て営業しているわけではないので、おすすめできません。

継続してIMアカデミーを利用したり、IMアカデミーに参加される場合は、自己責任で利用してください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

WikiFXでは、テクニカル分析のやり方から、FX会社の安全性に関する情報まで『今日から役立つFXの情報』を幅広く発信しています。
そして私たちは、FX会社アフィリエイトを一切していません。
だからこそ、正しく・信頼性の高い情報を読者の皆様にお届けする自信があります。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次